株式会社リセルラボは、医療機関と協力しながら、安全、安心、高機能なエイジングケアをお届けします

SSL グローバルサインのサイトシール 資料請求はこちら

~変わるスキンキュア~ Skin Restoration Program

SRPとは?

2ヶ月間でできるお肌のリフレッシュメント

ホームケア化粧品

私たちの皮膚は常に生まれ変わっています。
表皮細胞は、表皮の一番深い層(基底層)で生まれてから、徐々に表面に押し上げられ、やがて角質となり、最後は垢となって皮膚から剥がれていきます。
この表皮細胞の一生のサイクル(皮膚の生まれ変わり)をターンオーバーと呼び、約4週間かかることが知られています。

しかし、加齢や紫外線(環境)、生活習慣等の影響により、ターンオーバーにかかる日数は伸びていきます。
ターンオーバーの周期が乱れると、肌荒れやニキビ、吹き出物などのトラブルが起きたり、角質層が厚くなることで光が反射しづらくなり、透明感を失い老けた印象につながっていきます。
また、メラニンが皮膚の外側へスムーズに排出されず古い細胞とともに蓄積され、色素沈着の原因にもなります。

この乱れた周期を正常なリズムへと戻すためには、医師の指導を受けながら適切なお手入れをおこなう必要があります。

ブライセルでは《日常のスキンケア(Everyday Skin care Program) 略してESP 》と《変わるスキンキュア(Skin Restoration Program)略してSRP 》の二つのプログラムをご用意しています。

日常のスキンケア(ESP)でも皮膚の持つ再生能力をサポートし、少しずつリズムを整えることは可能ですが、より高みを望む方、日常のスキンケアだけでは結果にご満足いただけない方には、ワンランク上の皮膚再生プログラム ~変わるスキンキュア(SRP)~をおすすめします。

方法は至ってシンプル。
日常のお手入れに医師処方のビタミンA製剤クリーム(レチノイン酸)と漂白作用が期待できるハイドロキノンクリームをプラスしていただくだけ。
(反応の程度によっては、角質を柔らかくする化粧水などを組み合わせていただくこともあります)

1クール2ヶ月間、ご家庭で化粧品感覚でおこなえるスキンキュア(若返り軟膏療法)。
医師とともに、プログラムの進行状況や皮膚の状態に応じて適正な薬剤の使用量でおこなうことが美肌への近道です。

SRPに使用する薬剤

レチノイン酸(オールトランス型レチノイン酸) ※1
表皮の深部を活性化し、新しい細胞の再生を促す働きがあります。
表皮細胞は上(表面)へと押し上げられ、そのときにメラニン色素も一緒に持って上がり、やがて皮膚の外側へと排出されます。
また、皮脂の分泌を抑え角質をコンパクトな状態に(正常な厚みに)戻す働きもあるため、ニキビの改善にもつながります。
さらにコラーゲンの産生を促す働きもあるため、長期的には表皮や真皮の厚みが増し、紫外線による皮膚の老化の進行を防ぎ、ハリを取り戻します。
※皮膚が乾燥し、かゆみや紅み、角質の落屑(皮むけ)、ヒリヒリするなどの一時的な反応があります。
継続使用は2ヶ月までをお勧めします。

ハイドロキノン※2
メラニンの合成に関わる酵素(チロシナーゼ)を阻害し、さらにメラニン色素を作らせなくするためにメラノサイトの働きをブロックする作用や、黒色メラニンを淡色化する還元作用があります。
レチノイン酸と併用することにより、ターンオーバーを促しメラニンを排出しながら同時にメラニンを作らせなくしておくことが可能となり、結果メラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えられます。
※稀にかゆみや紅み、ヒリヒリするなどの刺激を感じる場合があります。
また、ハイドロキノンを長期に渡って漫然と使用すると、「白斑」のリスクが高まったり、効果が出にくくなることもあります。
継続使用は3ヶ月までをお勧めします。

※1:院内製剤に用いられる試薬   ※2:整肌成分

SRPの経過と反応

医師が肌状態をチェックし、適切な使用方法、プログラム期間をご提案いたします。

SRPの経過と反応

より高みを望む方にはループケアがおすすめ

「SRP」と「ESP」のコンビネーションケア

より高みを望む方にはループケアがおすすめ